主夫業修行 料理

主夫
  • 本日のレシピ もやしのナムル(下にレシピがあります) 

 プロフィールにも記載していますが、おじさんは54歳で完全FIREを達成した暁には、主夫業を営む予定です。ですから、これから4年間かけて、掃除、洗濯、料理をうまくこなすことができるようトレーニングをしていきます。

 おじさんの家は共働きなので、おじさんも家事をします。1年ちょっと前から土・日・休日の昼ごはん、晩ごはんの用意はおじさんに任せてもらっています(おじさんの職場は週休2日で、通常土・日が休みです。)

 おじさんは結構晩婚で、独身生活が長かったこともあり、料理は多少できますが、何も見ないで味付けをしてもおいしくできるほどの腕前はなく、いつもレシピに付きっ切りで作っています。

 とは言っても、土・日・休日だけとはいえもう1年以上も続けていますので、だいぶんましになってきて、奥さんも喜んで食べてくれます。ただ、おじさんにとっては、洋食とか中華とかはハードルが高く、あまりうまく作ることができないので、和食が多くなり、そうなると味付けは醤油、みりん、酒に偏りがちで、奥さんからはよく「居酒屋メニュー」と言われます。

 当然おじさんはオリジナルのメニューなど持ち合わせていないのですが、我ながらとてもおいしく作ることができるもの(奥さんも喜んで食べてくれます)がありますので、今日はそれを紹介します。

 なにかレシピを見てつくったものだと思いますが、いまは自分で作ることができます。ものすごく簡単で、これから夏に向けてぴったりですので、ぜひ作ってみてください。メニューを見ていただいたらわかりますが、料理をしたことがない人でも5分で作ることができます。

【材料】

  • もやし        1袋(200グラム)
  • 鶏ガラスープの素   小さじ1~2(薄味が好みの方は1で)
  • 白だし        小さじ1(なくてもいいです)
  • 味の素        4ふり
  • ごま油        大さじ1
  • ゴマ         大さじ1

【作り方】

  1. もやしを耐熱容器に入れ600Wで1分半(おじさんはシリコンスチーマーを使っています。蓋がない容器の場合はラップしてください)
  2. (ここ重要)もやしを水にさらす。(水道水でOKです。もやしの食感を保つため熱が入り過ぎないようにするためです。)
  3. ざるでよく水を切って、ボールにいれ、調味料を順に入れて和える。
  4. 最後にゴマを振りかけてできあがり。

 調味料の分量は、お好みで変えてみてください。辛いのが好きな方は、最後にラー油を垂らすと一層おいしく召し上がれます。おいしくてすぐ食べきってしまうので、倍量でつくってもいいかもしれません。

 ぜひお試しください。

 おじさんの主夫業修行はこれから毎週木曜日に投稿する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました