究極のリスニング教材、6 Minute English

英語

 本日は、先日ご紹介したThe Economistに続いて、便利でかつハイクオリティな無料英語教材を紹介します。

 イギリスの国営放送BBC British Broadcasting Corporation が世界中の英語学習者に向けて提供している教材の1つ、BBC 6 Minute English(サイトはこちら)です。

 この6 Minute Englishですが、2名のネイティブの会話で構成されており、タイトル通り、1話6分ほどの長さで、音源と会話のtranscript(書きおこし)をウェブサイトから入手することができます。

 BBCはLearning Englishというサイトで様々な英語学習教材を提供しているのですが、6 Minute Englishは中級者向けリスニング教材に位置づけられています。

 ですからネイティブ同志の会話ですが、スピードは抑えられており、中級学習者が利用するにはもってこいの教材です。

 社会問題から娯楽、サイエンスまで幅広い内容となっており、直近3回のテーマは

  • A quieter world(騒音が健康に与える影響)
  • Mermaids(世界中にある人魚伝説)
  • When males are not needed(単為生殖の優位性)

です。いかがでしょうか。興味深いでしょ?

 6 Minute Englishは、英語学習者から見て、そのレベル感がちょうどいいことに加え、内容が面白いことが最大のポイントだとおじさんは思っています。

 つまり、続けるのが苦にならないどころか、最新号が出るのが待ち遠しい、そういった内容になっています。

 おじさんの利用方法としては、

  1. 音源をダウンロード、ひたすら聴く
  2. 聴き続けても聴き取れない、それ以上理解ができないという段階で、transcriptを確認
  3. transcriptを精読
  4. 内容を理解したうえで、あらためて聴く

といった手順ですが、シャドーイングを加えると尚良いかも、と思っています。

 6 Minute Englishは前述のとおり、基本的にネイティブ2名の会話ですすめられるのですが、途中、通常2か所ですが、BBCの他の放送からの引用部分(その日のテーマに関係する他の放送からの引用で、専門家の話が多い)が挿入されています。

 会話を展開する2名はネイティブですが、中級者向け教材ということもあって、かなりゆっくり目に会話をされていて、何回か聞いていくうちに、おじさんにも大部分理解できるようになります。

 が、途中の引用部分は、ネイティブ(英語ネイティブの人ではないケースもあります)が通常のスピードで発話しているため、とても速く、おじさんの今の英語聴解力では理解できないことが多いです。

 おじさんは前から思っているのですが、英語ネイティブの人、早口ですよね。日本語の場合、伝わりにくいので、早口になりすぎないように注意される、なんてこともあるように思いますが、英語圏ではそういうことはないのでしょうか。早ければ早いほどいい、といった教えなのかと疑いたくなるくらい早口な人も動画などで見かけることがあります。

 日本語は発音すべてに母音が伴うのに対して、英語は子音だけの発音も多く、これが日本人にとって英語のスピード感をさらに引き上げると聞いたことがあります。マクドナルドは6音節ですが、Mcdonaldは3音節、半分だからスピードは倍になります。

 ともあれ、6 Minute English、天下のBBC提供素材ですから、クオリティは申し分なし、なんといってもとても面白い。

 皆さんも、ぜひご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました