英単語:contract

英語

 今日は、英単語contractを採りあげます。

 contractは英文を読んでいて、最近特に頻繁に見かけるようになった単語のひとつです。

 contractはビジネス英語では頻出の単語ですから、知っている方も多いと思います。

 日本語でもそのまま使うことがあるかもしれません。

 語学の出版社アルクが提供している英辞郎というオンライン辞書があります。(サイトはこちら)この辞書には、英単語の難易度が数値で示されているのですが、contractはレベル3です。(簡単な方から3番目)

 この投稿をごらんの皆さんもきっとご存じだと思いますが、一番見かけるのはおそらく「契約」という名詞として使われるケースだと思います。sign a contract(契約書にサインする)、make a contract(契約を結ぶ)というように使います。また、「契約する」という動詞の用法もあります。

 この意味・用法でのcontractは、おじさんもかなり前から知っていました。

 おじさんは、しばらくの間、contractは「契約」の意味でしか知りませんでしたし、この単語をマスターしているつもりだったので、たぶん辞書で調べたことはなかったと思います。

 この「契約」以外の用法を英文で見かけたのは、比較的最近になってからです。正確な英文は覚えていませんが、自動詞として使われており、生産がcontractする、とか経済がcontractするという内容だったと思います。

 英単語は多義であることが多いので、さすがに契約するという意味でないことがすぐわかりました。また、その時読んだ英文の文脈からみて、「小さくなる」とか「縮小する」というような意味であることが予想できました。

 果たして、辞書で調べたら「縮小する」という意味だったのですが、その時はかなり意外な感じがしました。縮小するという意味であれば、経済とかビジネスでは比較的よく使われる言葉だと思うのですが、結構最近になるまで、この意味では見たことがなかったからです。

 おじさんのcontract「契約」に「縮小する」の意味が加わって、contractについてはバッチリ意味がとれるようになりましたが、さらに最近になって、また違う意味で出現しました。

 今度は、他動詞で、コロナウイルスを(に?)contractするという内容の文です。

 この文章を見たときは、まったく意味が分かりませんでしたし推測もできませんでした。おそらく勘のいい方はわかったと思いますが、このcontractは、「感染する」という意味です。

 ここ最近で一番見かけるニュースはEconomistにおいても、なんといってもコロナウイルス関連です。ですから、このcontract「感染する」は今や頻出語となっています。

 日本語の契約する、縮小する、感染するは全く異なる意味ですが、英語ではcontractです。

 英和辞書は、つづりが同じでも語源が異なる単語は番号を振って別の単語として掲載しているようです(ここですぐに例として思いついたのはfineです。私の手元の辞書では、「すばらしい」のfineと「罰金」のfineは別々の単語として掲載されています)、contractは1語でこの3つの意味が記されているので、もともと同じ単語なんだろうと思います。

 驚いたことに、おじさんの辞書のcontactの他動詞の意味は、~を縮小する、~に感染する、~することを契約させるの順で掲載されています。
 
 ひょっとしたら、おじさんが縮小する、感染するの意味を知らなかっただけで、この順でよく使われるということなんでしょうか。

 現在、世界はコロナウイルスの感染により経済が縮小(回復しつつありますが)していますので、contractについておじさんが最近見かけるのは

  1. 感染のcontract
  2. 縮小のcontract
  3. 契約のcontract

の順で、おじさんの手元の辞書掲載の順番通りということになります。

3つすべてで重要な意味を持つ、contract。おじさんにとって大変印象深い英単語なので、今回採りあげました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました