株のトレーディングは難しい

投資

 今日は、投資を行う上で、株の売買の難しさとその対応について、おじさんの経験も踏まえて書いていきます。

 これから運用、投資、株のトレードを行う方々の参考になりますと幸いです。

スポンサーリンク

なぜ株の売買で利益を出すのは難しいのか

 株の売買で利益を出すのはとても難しいです。

 市場全体が長期的に見て上昇する(投資の期待値がプラス)のであれば、普通に売買を重ねていけば、初心者であっても長期的にはみんな勝てるはずです。

 しかし、実際やってみるとなかなかうまくいきません。上昇相場であっても売買ではそんなに稼ぐことはできないのです。

 これには大きく以下の2つの理由があると、おじさんは自身の経験も踏まえて考えています。

  1. 上がると思って買うので、下がった時の対応を考えていない
  2. 利益(含み益)による効用のプラスと損失(含み損)による効用のマイナスが著しく不均衡であること

 まず1ですが、株式投資を初めてやる人は、相場が良く、周りが儲かっているのを聞いて始める人がほとんどだと思います。

 ですから、自分が買う銘柄も当然上がると思って取引を始めます。

 当たり前の話ではありますが、相場全体が上がっているときでも、すべての銘柄が上がるわけではありません。結構な割合で下がる銘柄があります。当たりはたくさんあるんですが、はずれもそこそこ混じっているのです。

 普通に考えて、初心者の銘柄選択はそんなにうまくないはずなので、上昇相場であってもはずれを引く確率はそこそこ高いと思われます。

 当然上がると思って買った人は、下がった時のことまでは考えていないので、買った株が下がるととても焦りますが、経験がないので、損切りして銘柄入れ替えなどできるわけもなく、そのまま様子見、つまり放置することになります。

 運よく株価が戻れば、買値まで戻って損がなくなったところでほっと一安心、急いで売却、もう株なんてこりごりとなります。

 運悪くそのまま下がり続ければ、放置して塩漬けとなり、株式市場から早々に撤退することとなります。

 続ければうまくいったのかもしれませんが、その前に離脱してしまうパターンです。

 続いて2についてですが、この心理的なバイアスにより、特に経験の浅い人は、株の売買で利益を出すことがとても難しくなります。

 これは実際に株を買ってみるとよくわかりますが、買った株が上がれば確かにうれしいのですが、下がったときの痛み、焦燥感、徒労感はそれを遥かに凌駕します。

 買った株が下がって、数万円単位で含み損が出ると、「株なんかに手を出さなければ、あれが買えたな」とか「今ごろ旅行に行けてたのにな」とか、いろいろなことが頭の中を渦巻きます。

 この心理的バイアスは非常に強力で、含み益の減少にまで激しい痛みを感じるようになります。買った株が上がって、その後下がると、たとえまだ含み益があったとしても、利益が減少していくことに痛みを感じるようになります。

 これにより、当たりを引いた場合(上がる株を買った場合)であっても、利益が十分大きくなった時でにではなく、小さくなってきたときに売却するという行動が誘発されます。

 上昇相場においても一本調子で上昇を続ける銘柄はまれです。上がり下がりを繰り返して含みが増えていく場合がほとんどです。ですから、当たりを引いたときは、上昇の中の調整はスルーして、利益を伸ばしていかなければなりません。

 株のトレードで儲かるには、「損切は早く、利益は大きく」とよく言われますが、上記の1、2により「損切は遅く、利益は小さく」という全く逆の行動につながってしまいます。

 おじさんが証券会社に勤めていた時、「コツコツドカン」とか「耳かきで集めて熊手で持っていかれる」という言葉を聞くことがありました。これは、以上に述べた、特に経験の少ない投資家にありがちな行動を示しているものです。

「コツコツドカン」への対応策

 では、投資初心者はどうしたらよいのでしょうか。

 おじさんもこれまで、もろにこのパターンに引っかかていますので、明確な回答は持ち合わせていませんが、一応の対応策を示しますと、

  1. 心理的バイアスをよく理解して行動する
  2. 別の方法で株式投資を行う

となります。

 1は一見何の解決にもなっていない、身も蓋もないような回答ですが、やはりこれは大事です。トレードが上手な人も、心理的なバイアスに抗って素早い損切りを心ががけるなど、強いて行動しているのです。一定のルールを設けて損切りを行っている人も多いようです。

 これができない人はトレードはしない方が身のためです。上昇相場ですら儲けられないのですから。「君子危うきに近寄らず」でいいのです。

 ということで、2です。トレードをしないで、バイアンドホールド、買い持ちするという方法です。期待値の高いマーケットで、十分な銘柄選定の上、長期投資をするという方法です。いわばバフェット式です。

 相場全体が上がる場合でも、しっかり下がる銘柄は存在しますので、長期投資さえすれば何買っても儲かるということはありません。ただ、全体が上がるということは、程度の差こそあれ、もともと当たりの方がはずれより多いのです。

 株を買う人の中には、その会社が何をやっているのか、売り上げや利益がどのくらいか、ライバル企業がどこかなど、なにも調べないで株を買う人が結構います。ですから時間をかけて十分調べれば、それだけで、相応の優位性を持つことができるはずです。当たりを引く確率がさらに上がります。

 買い持ちをすれば、心理バイアスによる「利小損大」を避けることができることもメリットです。

 また、バフェットさんが言うように、S&P500のETFを買い持ちするというのもひとつの手です。なんといっても長期にわたる実績の裏付けがあるのが強みです。TOPIXや日経225ではちょっと心もとないですし。

 おじさんレベルではこの程度が代替案が精いっぱいです。まあ、おじさんが解決策をもっていれば、今ごろFIRE(仮)なんてやってないですし。

 すこしでも皆さんのヒントになるような内容がありましたら幸いです。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました