最強の組み合わせ ルンバ&コードレスクリーナー

主夫

 今日は木曜日、おじさんの主夫業を投稿する日です。

 おじさんは4年後に専業で主夫業を営む予定なので、家事は効率的、要するに楽をしたいと考えています。

 家事と言えば主に掃除、洗濯、炊事ということになりますが、今日は掃除について。

 おじさんの家では、現在、メイン機がロボット型クリーナーのルンバ、サブ機がコードレスのクリーナーを使っていますが、この組み合わせ、最高です。

スポンサーリンク

まずはルンバから

 ルンバは皆さんもご存じだと思います。今でこそいろいろなメーカーからロボット型クリーナー(お掃除ロボ)が発売されていますが、ルンバは元祖、お掃除ロボの代名詞ともいえる存在です。

 おじさんも、当初は掃除機かけるくらい自分でやればいいだろうと思っていたのですが、掃除を担当している奥さんに言わせると、家事では掃除が一番大変、とのことでした。

 そこで、「じゃあルンバを買おう」となったのが2年前の話です。おじさんは何でもアマゾンで購入しているので、いま購入履歴を確認したら、2019年1月の購入になっていました。

 購入前にいろいろ調べると、ルンバ利用者の声として、「床にものを置けないからかえって面倒」という不満が特に多いようでしたが、奥さんに聞くと、「使う前に床のものを片付けるからいい」というので、購入に踏み切りました。

 おじさんが買ったのは一番安いもので、32,270円でした。現在同じものがはもう売られていないようなのですが、おそらくこちらが後継機だと思われます。

 

 購入後は毎日使用していますが、ひとことで言えば、かなり便利、間違いなく生活の質が飛躍的に向上しました。メリットは、

  • とにかく楽ちん
  • 床にものを置かなくなるので、部屋が片付く
  • 隅々まで掃除してくれる、適当に掃除機をかけるより全然きれいになる
  • 掃除しにくい隙間まで掃除してくれる(実はこれが意外とすぐれた点。高さが7センチくらいなので、いろいろなところに入っていきます。)
  • かなり頑丈(今のところ故障・不具合知らずです)

 一方、デメリットですが、

  • 時間がかかる(延々と掃除しています)
  • 雑な時がある(理由は不明)
  • 同じ部屋にいると邪魔(足を攻撃されるます)
  • いろんなものに体当たりするので気になる

 現時点で2年以上使っていることになりますが、圧倒的にメリットが大きいです。デメリットは対処可能なものばかりですし(スイッチオンして外出、もう一回掃除させるなど)、なにより奥さんの機嫌がよくなりました。

 うちの奥さんはかなり潔癖なので、ルンバに加えて、雑巾がけロボットも併用しています。こちらはルンバ導入から半年後の2019年7月に購入、価格は24,480円でした。たぶんセール中だったと思います。

 

 あまりなじみがないかもしれませんが、実はこちらもなかなかの優れものです。拭き掃除なので週に1、2回の使用ですが、こちらも念入りに掃除をしてくれて、部屋は本当にピカピカになります。

つづいてハンディクリーナー

 続いてはこちらです。こちらが今日のメインです。

 

 今年の4月に、これまたアマゾンで購入しましたが、最近おじさんが買ったものの中では間違いなくナンバーワンの商品です。

 このハンディクリーナーを買う前、おじさんの家ではリョービの充電式クリーナーを使っていました。よく見かけるタイプのものです。(マキタの充電式クリーナーみたいなやつです。)

 おじさんの家の掃除は、メイン機がルンバなので、ちょっとした掃除にリョービのクリーナーを使っていたのですが、ちょっと使うには大きいし、意外と重い。それから、なんといっても置き場に困ります。脱衣所に転がしていたんですが、はっきり言って邪魔でした。

 ということで、奥さんと相談の上、さらにコンパクトな掃除機を買うことしました。

 おじさんは、実は、以前雑誌か何かで見かけたSharkのハンディクリーナーに目をつけていたので、アマゾンで検索したのですが、アマゾンではShark社製のものは売ってなくて、こちらのアイリスオーヤマがヒットしました。

 Shark社製に比べてずいぶんと値段が安く、「吸引力が不十分」といったレビューもあり、ちょっと迷いましたが、全体の評価は★4以上と高く、アイリスオーヤマにはそれなりの信頼を置いていましたので、結局は購入することにしました。

 まだ使って1か月ほどなんですが、これはほんとうに素晴らしいの一言に尽きます。

  • 小さくて軽い(40センチ、500グラム)
  • 吸引力は必要十分(フローリングでは十分すぎるくらい)
  • 吸い口が大きい(ここ重要です)
  • ゴミ捨て、手入れが簡単
  • 充電が長持ち

 もちろん、この大きさなので、メインの掃除機にはなりません。あくまでサブ機としての使用ですが、小さい、軽いというのは、想像以上のメリットがあります。それは何のストレスもなくこまめに掃除ができることです。

 ちょっとしたホコリ、髪の毛、食べこぼしなど、気づいたときに掃除をすれば、部屋を清潔に保つことができ、とても心地よく過ごすことができます。こちらの購入で、おじさんの家のリビングは常にきれいな状態を保っています。

最強の組み合わせ

 おじさんの家はすべての部屋がフローリングです。ですから、それほど吸引力の強い掃除機を必要としていません。

 これが前提条件になるのですが、お掃除ロボとコードレスハンディクリーナーの組み合わせ、おじさんの家ではルンバ&アイリスオーヤマハンディクリーナーですが、まさに最強の組み合わせといっても過言ではありません。

 おじさんの家の掃除は、このコンビですでに完成形となっており、4年後の主夫業もまずもって安泰、掃除についての不安はありません。

 値段も併せて4万円くらい。みなさんにも試してもらいたいです。

 今日は掃除機についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました