最長片道切符の旅

鉄旅

 おじさんは54歳でFIREすべく、日々投資に頭を悩ませたり、家事の腕を磨いたり、このブログを書いたりしているのですが、早期リタイアを希望する一番の理由は、子供と一緒に過ごす時間をできるだけ確保することにあります。

 一番の目的はこのとおりなんですが、早期リタイアしてやりたいことが他にもいくつかあります。

 そのうちの一つが、今日のテーマ、「最長片道切符の旅」です。

スポンサーリンク

最長片道切符の旅とは

 最長片道切符の旅とは、読んで字のごとくで、鉄道(通常はJRのことのようです)の片道の乗車券で、出発駅から到着駅までの距離が最も長い切符による旅のことです。

 最長というのは理解しやすいと思います。そのまんまで、一番長いということです。

 片道切符というのが、鉄分があまりない方には、ちょっと理解しがたい、というか、あまりそんなこと考えたことないな、というものになるかと思いますが、「一筆書き」の乗車券ということです。

 余計わかりにくくなったかもしれませんね。

 一筆書きなので、同じ経路を2度通過できない、ということです。

 例えば、東京-名古屋間を鉄道で行くとすれば、普通は東海道新幹線で往復、だと思いますが、これは行き帰り同じ経路なので、当然一筆書きではありません。完全に同一経路の往復です。

 東京-名古屋間は、実は一筆書きで、行って戻ってくることができます。鉄道好きの人なら常識のレベルの話ですし、鉄道に全く興味のない方も、路線図を見ればすぐわかります。

 東京から中央線(東線、西線)に乗って名古屋に行き、東海道線で戻ってくると一筆書きになります。(途中御殿場線に乗り換えれば、距離も更に長くなります)

 この要領で、日本全国、一番長い片道切符で鉄旅をするのが、「最長片道切符の旅」です。

 この最長片道切符の旅は、その昔、作家の宮脇俊三さんが本を出されて、一般に(といっても一部の人だとは思いますが)知られるようになりました。おじさんも、宮脇さんのファンで、これまでいろいろな作品を読みました。

 

 最長片道切符の旅は、かつてはコンピューターも未発達で、どのルートが最長かを検証するのがかなり困難だったようですが、いまはネットで調べると、たくさんの記事がヒットし、現在の最長ルートも示されています。

 とは言っても、路線は毎年のように廃止になる昨今、ルートもそのたびごとに変わる可能性があるわけですが。

 50代のうちに実現したいおじさんの目標、というか夢ですかね、が、この最長片道切符の旅なのです。

 この最長片道切符ですが、YouTubeにもいくつか動画がアップされています。興味のある方はご覧ください。こちらの「もりりんさん」の動画がわかりやすいと思います。

最長片道切符の旅に行きます!この旅を解説!【準備編①】【最長片道切符の旅2019(JR)】

もし夢がかなったら

 もし夢が叶い、この旅に出られることになったら、

  • 最初から最後までいっぺんに実現したい
  • 車窓を楽しみたいので、明るい時間だけ乗車するスタイルでやりたい

この2点がおじさんの希望です。

 最初から最後までいっぺんに、というのは当たり前だと思うかもしれませんが、先程紹介した宮脇さんは、お勤めの最中にこの旅を実行された関係で、経路の途中で帰宅、仕事に戻り、その後、一旦停止した駅まで出向いて再開というのを何回か繰り返す方法を採られていました。

 おじさんは完全FIRE後に実行するつもりなので、最初から最後まで連続でいきます。

 ところでこの最長片道切符、詳細は、先程のもりりんさんの動画を参照したのですが、距離がおよそ1万1千キロ、切符の代金が9万数千円、切符の有効期限が56日だそうです。

 ちなみに、切符の両端の駅は、北海道の稚内駅と佐賀県の肥前山口駅です。

 稚内は想像どおりですが、もう一方が佐賀県の駅というのは意外でした。

 車窓好きのおじさんは、明るい時間だけ、かつ、できれば乗車券オンリー(つまりいわゆる鈍行だけ)で実行したい、とも考えています。

 ということで、日が長い夏に実行したほうがいいなとか、宿泊費はいくらぐらいかかるかなとか、北海道か佐賀か、どっちを出発点にしようかなとか、出発地までどうやって行こうかなとか、いろいろ夢想しているところです。

 具体的な計画を立てるまでには全く至っていないので、何日ぐらい必要なのかも全く想像が付きませんが、仮に40日程度かかるとすると、奥さんや子供が許してくれるか、そこも問題です。

費用はどの程度?

 さて、40日程度かかるとしたら、費用はどのくらいなるでしょうか。

  • 運賃  10万円
  • 宿泊費 30万円
  • 食事代 10万円
  • 予備費 10万円 

 大体、ざっくり60万円くらいでしょうか。意外とリースナブルですね。

 おじさんは、鉄旅の際、基本的に観光などはほとんどしませんので、そういった内容の出費は想定していません。

 宿泊はビジネスホテルに泊まる予定なので、平均して1泊7千円から8千円くらいかと。

 食事は1日2、3千円程度見ておけば、何回か節約すれば、たまには美味しいものも食べられそうです。予備費まで考えれば、むしろ、かなり余裕があるかもしれません。

 長年の夢が60万円で叶うと思うと、とてもワクワクします。これも投資で捻出できれば、言うことありませんけどね。

 今日は、最長片道切符の旅でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました