青春18きっぷでひたすら西へ

鉄旅

 先日、18きっぷを使った鉄旅についてこちらで投稿しました。

 おじさんは鉄分少なめ、かなりソフトな乗り鉄で、車窓好きなので、日が落ちたら下車することにしていますが、それでも午後5時くらいまでの乗車で、東京から兵庫県の豊岡駅まで普通列車を乗り継ぎました。

 その際、夜もぶっ通しで乗れば東京から九州まで行ける、と書いたのですが、現在のダイヤではどうなのか、ちょっと気になりました。

 おじさんは絶対にそんな過酷な鉄旅はやりたくありませんが、ちょうど18きっぷが発売されたことですし、帰省に利用する学生さんのために、時刻表を調べてみましたので、ぜひご参考ください。

スポンサーリンク

東京発は何時何分?

 九州を目指すには東海道線と山陽本線を乗り継いでいくことになります。

 前述しました東京駅から豊岡駅までの際は、京都から山陰本線に乗り継いだのですが、山陽と山陰では断然山陽本線が早いので、18切符で九州を目指すなら東海道線&山陽本線一択です。

 東京から東海道線に乗らず、名古屋まで中央本線に乗っていくというのも楽しいのですが、こちらもできるだけ遠くに行くという目的からは外れてしまいます。

 中央本線も高尾より先とか、中央西線とか、車窓も見どころ満載なので、機会があったら乗車してもらいたいものです。

 さて、東海道線で西に向かうとして、始発は何時か調べてみると、品川発熱海行き4時35分というのがあります。

 品川近辺に住んでる人はこれに乗れますが、とりあえず今回はこの次の品川発小田原行き5時10分に乗ることにします。

 品川を5時10分であれば、東京からでも間に合います。(横須賀線久里浜行き4時55分に乗れば品川に5時4分に到着)

 ということで、東京発4時55分、品川発5時10分で、ひたすら西を目指すことにします。

西へ向かうぞ、にんにきにきにきにん

 西にはあるんだ夢の国。

 品川発小田原行きで、小田原到着が6時21分です。

 小田原には平塚発5時46分熱海行きが停車しているので、6時22分にそれに乗り継ぎます。乗り換え1分ですが、通常は間に合います。乗り換えが時間が短いところは乗り換え場所も近いからです。熱海到着は6時45分です。

 熱海では6時49分浜松行きに乗り換えます。乗り換え4分、さすがに東海道線です。

 この区間は長く、約2時間半の乗車で浜松到着が9時18分です。

 浜松では乗り換え5分、9時23分発豊橋行きです。豊橋には9時57分に到着します。

 豊橋からは新快速を利用できます。10時2分発大垣行きです。途中名古屋には10時58分に到着しますが、そのまま大垣へ。大垣着11時32分です。大垣に午前中に着くんですね。

 大垣では乗り換え10分で米原行き、米原着が12時17分です。乗り換え10分ありますので、キオスクでなんか食べ物を買っておきましょう。

 次は米原発12時20分の新快速です。一気に姫路まで行きます。この電車は米原発ではなく、長浜から来たものです。姫路着が14時47分です。

 東京を出てから、ここでおよそ10時間です。飛行機だと、だいたいハワイあたりですかね。

 おじさんがチャレンジしても、まだ夏の午後2時、明るいので元気いっぱいで乗っていられると思います。

 ただし、東京発だと、なんとなく、姫路を過ぎたあたりからしんどくなります。新快速がここまでだからというのもあります。

 姫路発15時3分播州赤穂行きに乗り、相生で下車、相生発15時25分糸崎行きに乗り換えます。糸崎着は18時5分、約2時間半。これは普通の人には多少しんどいかもしれませんね。

 ちなみに糸崎は尾道の次の駅です。尾道の日没は本日7月6日では19時23分なので、まだまだ明るいですね。

 糸崎発18時29分徳山行きです。乗り換えが24分もありますので、なにか晩ごはん、ゆっくり食べてください。徳山には21時58分着です。ここに来て3時間半の乗車はこたえますね。でも、もう山口県ですからね。ゴールは目の前です。広島駅を通過するあたりでは、もう真っ暗でしょうね。

 次の徳山発が21時59分です。この電車の終点は下関、到着時刻は23時50分です。

ゴール目前&ゴーール

 下関到着が23時50分というのは、絵に書いたような展開ですね。のこり10分で隣の駅はもう九州です。

 こんな時間に電車があるのか。小倉が近いとは言っても、門司も下関もそんなに都会ではありませんし。

 でも心配ご無用。下関発小倉行きが23時51分に出ています。で、門司到着が23時58分。すげー。ぴったりです。小倉到着が0時5分です。

 18きっぷのルールでは当日内だった駅の次の駅までOKだったと思うので、小倉までが1枚分で行けるということになります。

 と、まあ、先日に続き、また乗り継ぎ乗り継ぎの単調な記述に終始しましたが、いかがでしたでしょうか。

 これを参考に、九州出身の学生さんは帰省していただければよろしいかと。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました