もしもあの時、あの株を買っていたら 日本株編

投資

 先日、もしもあの時、あの株を買っていたら、という記事を投稿しました。

 マイクロソフト、アマゾン、アップルについて、各社のマイルストーンとなるようなイベントがあった日に株を買っていればという、いまさら考えても仕方のないような妄想の世界です。

 それぞれマイクロソフトについてはウィンドウズ95の発売日、アマゾンについては日本でのサービス開始日、アップルについては初代iPhone発売日を基準として、現在の株価を見てみました。

 結果は、配当を考慮しないベースで、それぞれ48倍、91倍、40倍という結果でした。これは、押しも押されもしない大企業になってから株を買っても遅くなかったということを示しています。

 さて、日本を代表する企業ではどうなんでしょうか。6758ソニー(時価総額3位)、9983ファーストリテーリング(同7位)、9984ソフトバンクグループ(同4位)で見てみましょう。

スポンサーリンク

アイボの発売に合わせてソニー株を買っていたら

 初代アイボの発売日は、1999年6月1日だそうです。

 アイボって何?と思った人もいるかも知れませんが、アイボ(AIBO)というのはソニーが開発した犬型ロボットです。名前からも分かる通り、AIを売りにしていたようですね。

 おじさんと同世代の方は覚えている方も多いと思いますが、知らない人はネットで検索してみてください。メタリックな小型犬で、なかなかチャーミングです。ピンクのボールで遊ぶように仕込まれていました。

 ソニーのマイルストーンとなるようなイベントといえば、「初代ウォークマンだろ」という方も多いと思いますし、おじさんも、それには全く同意なのですが、初代ウォークマンの発売日は1979年7月で、いかんせん昔すぎるのです。40年以上前なので、「あの時ソニー株を買っていれば」というのが、少なくともおじさんにとっては、あまり現実的ではありません。

 あとは初代プレイステーションというのも候補でしたが、当時はゲーム機といえば任天堂で、そのちょっと前にパナソニックが3DO REALで失敗をこいていたこともあり、アイボほどのインパクトには欠けました。ちなみに、初代プレイステーションの発売日は1994年12月3日だそうです。

 アイボ発売日のソニーの株価を調べてみると、分割調整後で5,620円でした。今と比べても結構高いですね。この時期はちょうど日本のITバブル真っ盛りということもありますし、当時のソニーは世界を代表するエレクトロニクス企業で、マーケットの評価も高かったのです。

 とは言っても、ITバブル真っ盛りの株価との比較では、流石に公平性を欠きますので、初代プレイステーションの発売日の株価も調べてみましょう。発売日の1994年12月3日は土曜日なのでの、週明け12月5日の株価を見てみると、調整後株価は2,760円です。

 本日のソニー株の終値は10,975円でした。初代アイボの発売日との比較では1.95倍、初代プレイステーションの発売日比では3.97倍となっています。

 22年で2倍、27年で4倍です。かなり寂しい結果となっています。

ユニクロ原宿店オープン日にファストリ株を買っていたら

 次は、おじさん愛用のユニクロです。

 おじさんは今、家でこのブログを書いているのですが、来ている服、下着、全てユニクロです。

 さきほど採り上げたソニーですが、おじさんの家には、ソニーの最終製品は一つもありません。一方、ユニクロはおじさんの生活に完全に浸透しており、こちらはかなり期待大です。

 ユニクロのイベントはフリース発売日が最有力候補だったのですが、発売の年が1994年であることは分かりましたが、日付が分かりませんので断念しました。ちなみに1994年はファストリの上場した年でもあります。

 ユニクロ原宿店オープンは割と大きなニュースで、おじさんも覚えていましたので、こちらを採用することにしました。

 ユニクロ原宿店オープンは1998年11月28日ですが、この日は土曜日なので週明け11月30日の株価を見てみると、調整後株価はなんと、362.5円です。まじか。

 本日のファストリ株の終値は79,900円、実に220倍です。すごすぎます。

 100万円が2億2千万円。夢のようですね。

ヤフーBBサービス開始時にソフトバンク株を買っていれば

 最後に、日本株式市場の風雲児、ソフトバンクグループを採り上げます。

 ソフトバンクは、イベント盛りだくさんでなかなか選び難いのですが、おじさんにとっての一番は、なんといってもヤフーBBです。

 ヤフーBBのサービス開始によって、日本のブロードバンド接続がはじまったと言っても過言ではありません。おじさんもヤフーBBでブロードバンドデビューを果たしました。いまでは光回線が標準ですが、ヤフーBBはADSL回線使ったものです。

 価格も手頃、スピードも十分で、初めて使用した時は感動を覚えたものです。

 ヤフーBBのサービス開始は2001年9月ですが、日付が分かりません。9月最初の営業日ということにして、9月3日の株価を見てみますと、調整後で362.5円です。

 どっかで見た数値だと思ったら、全くの偶然なんですが、先程調べたファストリの原宿店オープンの株価とぴったり一緒です。これは何かいいことありそうな、なさそうな。

 ソフトバンクグループ株の本日の終値は7,380円、20倍となっています。ソフトバンク株は今も昔も変動がものすごいので、どの時期と比較するかで、この倍率も大きく変わりますけど。20年で20倍、十分すぎるパフォーマンスです。

 ということで、以上、日本を代表する銘柄について見てきました。日本株も個別に見れば、決して負けていませんね。ファストリ株、強烈です。たぶん、いま利用している製品、サービスを提供している企業の中にも、ソフトバンク、ファストリに匹敵するような銘柄があるんでしょうね。

 では、今日このへんで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました